創作と投資

とりあえず色々と再開するに当たって設備投資(謎)が必要になることに気付く。
ペンタブは妹にお下がりをあげてたので、自分のは新調。いや、当時は姉とお金を出し合って買ったんだけどね。時効だよねうん。(謎)
それからスキャナは多分姉が持っていったので新しく購入。こちらは元々親が買ってたやつ。スキャナは妹も欲しがっていたのでお金を出し合うことに。
肝心なのはPCなんだけど。どうしたもんかー。モニタはあるから本体だけ買えばいいのだけれど。
スペック的に厳しいのは分かってるんだがなぁ。本体変えるとAdobe製品も新しく購入しないといけない。痛いなーそれは。実家に戻ってから徐々に資金は溜まりつつあるが、やはりいっぺんには厳しい。
とりあえず印刷の見積もり請求して出展イベント決めよう。そこさえぶれなければ、なんとかなるさ。「どんな天才も締め切りがなければ名作は生み出せない」。とあるミュージシャンが言っていた。

あ、そうそう「ホーホケキョとなりの山田くん」もTSUTAYA入会金無料の内に借りて見なければ。

カテゴリ:活動
梅干甘太郎 webmaster@umekan.net